通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

Ι

辞書:文化用語の基礎知識 言語編 (LLN)
読み:イオタ
外語:Ι: iota 英語
品詞:慣用単漢字
2009/01/17 作成

ギリシャアルファベット第9字。大文字Ι、小文字ι。ラテンアルファベットI/iに対応する。

  • 名称
    • 古代: ἰῶτα (イオータ)
    • 現代: ιώτα (イオタ)
    • 慣用: iota (イオタ)
  • 音価
    • 古代: [i]、[iː]
    • 現代: [i]、[j]
  • 対応ラテンアルファベット: i

科学

  • 数学でιは、恒等写像を表わす記号

科学

  • 天文学でι星は、バイエル符号(学名)における恒星の名の一つ

その他

  • AAでιは、汗の表現に使われる。ι(´Д`υ)

電算処理では、次のような符号位置を使う。

Ι (GREEK CAPITAL LETTER IOTA)
ι (GREEK SMALL LETTER IOTA)

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club