通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

Φ

辞書:文化用語の基礎知識 言語編 (LLN)
読み:ファイ
外語:Φ: phi 英語
品詞:慣用単漢字
2001/07/05 作成
2009/02/15 更新

ギリシャアルファベット第21字。大文字Φ、小文字φ。ラテンアルファベットに対応する文字はない。

  • 名称
    • 古代: φῖ (プィー)
    • 現代: φι (フィ)
    • 慣用: phi (ファイ)
  • 音価
    • 古代: [pʰ]
    • 現代: [f]
  • 対応ラテンアルファベット: ph

科学

通信

科学

その他

  • AAで「φ」は、鉛筆などを持った手を表わす。φ(..)m
  • 2ちゃんねるで「φ」は、記者キャップを表わす記号

記号

直径の記号」の記号は○に斜線、「空集合」の記号は0に斜線である。ギリシャ文字のφに似ているが、実はギリシャ文字のφではない。

この記号は、ストローク付き大文字Oの「Ø」が元だとされるが、該当する記号はJIS X 0208に存在しないためφで代用されることも多かった。

空集合∅

空集合の記号UnicodeでU+2205、JIS X 0213で1面2区39点にある。

直径の記号⌀

直径の記号⌀はUnicodeでU+2300にある。JIS X 0213には存在しない。現在ではまだ、この記号を正常に表示できる環境はとても少ないようだ。

直径の場合、単位が[mm]の場合は省略され、例えば直径0.5mmを0.5⌀と書く。

電算処理では、次のような符号位置を使う。

Φ (GREEK CAPITAL LETTER PHI)
φ (GREEK SMALL LETTER PHI)
用語の所属
アルファベット
ギリシャアルファベット
関連する用語
空集合

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club