通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

辞書:文化用語の基礎知識 言語・日本語編 (LLNJA)
読み:ヒ
品詞:慣用単漢字
2011/08/19 作成

アイヌ語などで使用されるカタカナの一つで、小書きのヒ。子音「h」を表記するときに使う。

字源

カタカナ「ヒ」を小書きしたもの。

アイヌ語や朝鮮語では子音のみの発音が存在するため、その表記に使われる。

表記

用例

アイヌ語の樺太方言では、イ段の後にhが続く場合、小書きのヒを使う。発音はヒに近い音となる。ただし、用例未詳。

用語の所属
カタカナ

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club