通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

僧伽

辞書:文化用語の基礎知識 民俗学東洋・仏教用語編 (LFOLKEBY)
読み:そうぎゃ
外語:संघ 梵語 , saMgha 梵語 , samg/o エスペラント
品詞:名詞
2009/10/25 作成

仏道を修行する者(比丘比丘尼)の集団、教団のこと。

仏教では三宝()の一つで、尊重されている。

元々は梵語(サンスクリット語)のサンガ(saMgha、संघ)が語源で、音写として「僧伽」(そうぎゃ)などと書かれ、漢訳語として「和合衆」(わごうしゅ)などと書かれた。

現在では、僧を個人に対して呼ぶことが多いが、このように本来は、一処に和合する衆、すなわち出家信者の集団のことを指した。

用語の所属
仏教
関連する用語

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club