通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

2009/10/25 作成
2014/12/03 更新

三宝の一つで、仏道を修行する者(比丘比丘尼)の集団。

梵語(サンスクリット語)のサンガ(saMgha、संघ)が語源で、音写として「僧伽」(そうぎゃ)などと書かれ、漢訳語として「和合衆」(わごうしゅ)などと書かれた。

現在では、僧を個人に対して呼ぶことが多いが、このように本来は、一処に和合する衆、すなわち出家信者の集団のことを指した。

僧侶

釈迦の時代より今に至るまで、仏教は変遷を遂げているが、大まかな形態はさほど変化がない。

僧は元々集団を表わすので、個人については侶をつけて僧侶と呼ぶ。次のような者がある。

  • 僧伽(そうぎゃ)

    出家した者たちの集まりをいう。

    日本の仏教の宗派教団は厳密な意味で僧伽ではないが、これを僧伽とするかどうかは議論がある。

  • 四衆(ししゅ)

    比丘比丘尼優婆塞優婆夷

    出家と在家の違いと、性別により、四つに分けられた。

  • 七衆(しちしゅ)

    四衆に、沙弥沙弥尼式叉摩那という見習修行者を加えたもの。

  • 八衆(はちしゅ)

    七衆に、近住という在家信者を加えたもの。

五戒

仏道を成ずるためには、五戒という五つの戒めを守らねばならない。

  • 不殺生戒 (無意味に他人や衆生の命を奪ってはいけない)
  • 不偸盗戒 (盗みを犯してはならない)
  • 不邪淫戒 (不淫らな異性交遊をしてはならない)
  • 不妄語戒 (嘘をついてはならない)
  • 不飲酒戒 (酒を飲んではならない)
用語の所属
仏教
関連する用語
僧伽
住持
住職

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club