通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

十握剣

辞書:文化用語の基礎知識 民俗学東洋・神道編 (LFOLKES)
読み:とつかのつるぎ
品詞:名詞
2005/10/20 作成
2007/07/30 更新

日本神話に登場する剣の一つ。十拳剣とも。

伊邪那岐命(イザナギノミコト)が持っていた剣で、これで我が子の火之加具土神(ホノカグツチノカミ)の首を跳ねた後、黄泉の国にこの剣を持って出かけた。

この十握剣は、剣そのものが神である霊剣であり、神名としては天之尾羽張(アメノオハバリ)といい、伊都之尾羽張(イツノオハバリ)などの別名を持つとされる。

その後は須佐之男命(スサノオノミコト)が持ち、この剣で八岐大蛇との戦いに挑んだ。

その後、天孫降臨の時には建御雷神(タケミカヅチノカミ)が十握剣を持ち、大国主神の子らを蹴散らして、大国主神より国を譲り受けたという。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club