通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

建御雷神

辞書:文化用語の基礎知識 民俗学東洋・神道神様編 (LFOLKESK)
読み:タケミカヅチノカミ
品詞:名
2005/10/20 作成

日本神話の雷神で剣と戦いの神。伊邪那美命(イザナミノミコト)が最後に産んだ火神である火之加具土神(ホノカグツチノカミ)を父・伊邪那岐命(イザナギノミコト)が斬り殺した際、その血より産まれた。これは古事記による名で、日本書紀では武甕槌神と書かれる。

武力を象徴する強い神であり、国譲りの際に高天原からの使者として葦原中国に降り立ち大国主神のもとを尋ねた。

大国主神の息子の建御名方神(タケミナカタノカミ)が力競べを挑んできたが、建御雷神が圧勝した。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club