通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

宮中三殿

辞書:文化用語の基礎知識 民俗学東洋・神道編 (LFOLKES)
読み:きゅうちゅう・さんでん
品詞:名詞
2006/03/25 作成
2022/07/26 更新

宮中にある三つの神社。皇居内庭、吹上御苑の神域内に建てられている。

天皇は、宮中での祭祀が本来の職務であり、国民の平和を祈ることを目的としている。

皇室による祭祀は、宮中三殿と各地の山麓で行なわれる。

祭祀は長く受け継がれ、今も変わらずに続けられている。お祭りは年間に300回以上とも言われ、ほぼ毎日行なわれている。

配置

中央が賢所、その西方に皇霊殿、東方に神殿がある。

建物の構造は三つとも同じであるが、但し賢所だけは大きく、また床も高くなっているとされる。建物は入母屋造で、木造、材質は檜である。屋根は古くは檜皮葺だったが、現在は銅瓦葺に変わっている。

構成

次の三殿よりなる。

そして三殿に附属し、次のような建物がある。

  • 神嘉殿(しんかでん)
  • 神楽舎(かぐらしゃ)
  • 綾綺殿(りょうきでん)
  • 奏楽舎(そうがくしゃ)
  • 幄舎(あくしゃ)
用語の所属
宮中
関連する用語
賢所
皇霊殿
神殿 (宮中三殿)

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club