通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

節分

辞書:文化用語の基礎知識 民俗学用語編 (LFOLK)
読み:せつぶん
品詞:名詞
2010/02/03 作成

雑節の一つで、季節の始まりの日(春分立夏秋分立冬)の前日のこと。

日本では、特に江戸時代以降は春分の前日を節分と呼ぶ。

古くは室町時代から、宮中で、豆撒きを初めとして、邪気を払うための行事が催されたとされている。

後に、この宮中行事が民間にも広まり、全国の寺社などでも催されるようになった。

豆撒き

関東では一般に、炒った大豆(炒り豆)を「鬼は外、福は内」と掛け声を掛けながら蒔き、その後、その豆を年の数だけ食べる。

他の地方でも同様だが、大豆ではなく落花生を使うところも多いようである。

季節になると、スーパーマーケットなどでは節分にちなみ、福豆と称して豆撒き用の豆が売られ、その他に「鬼のお面」なども併売される。

恵方巻

近畿地方を中心に生まれた風習で、恵方とされる方向に向かい、巻き寿司を目を閉じ何も喋らず、願い事を唱えながら黙々と食べる、とするもの。

近年は近畿地方に限らず、関東や名古屋などでも広めようとする動きが目立つが、豆を売るよりも儲かるからであると見られる。

用語の所属
雑節

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club