通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

Q

辞書:文化用語の基礎知識 言語・ラテン編 (LLNLA)
読み:キュー
外語:Q ラテン語
品詞:名詞
2009/01/16 作成
2013/09/11 更新

ラテンアルファベット第17字。大文字Q、小文字q。古いギリシャアルファベットϘ/ϙに対応する。

用途

音素 /k/ を表わす文字として使用される。

ギリシャ文字のϘ/ϙに対応する。キリル文字には対応する文字がない。

呼称

  • クー[kuː] ラテン語、ドイツ語
  • ク[ku] イタリア語
  • キュ[kju] フランス語
  • キュー[kjuː] 英語
  • クーオ[kuːo] エスペラント

科学

通信

  • 無線のQは、Q符号の最初の文字

情報処理

その他

電算処理では、次のような符号位置を使う。

Q (LATIN CAPITAL LETTER Q)
q (LATIN SMALL LETTER Q)
Q (FULLWIDTH LATIN CAPITAL LETTER Q)
q (FULLWIDTH LATIN SMALL LETTER Q)

ダイアクリティカルマーク

  • Ɋ ɋ ‐ HOOK TAIL
  • ʠ ‐ HOOK TAIL
  • Ꝗ ꝗ ‐ ディセンダーのストローク/スラッシュ
  • Ꝙ ꝙ ‐ DIAGONAL STROKE

その他

  • 🄠 ⒬ ‐ 括弧文字
  • Ⓠ ⓠ ‐ 丸文字
  • 🅀 ‐ 囲み
  • 🅠 ‐ 反転丸文字
  • 🆀 ‐ 反転囲み

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club