通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

パンゲア大陸

辞書:国土用語の基礎知識 世界地理編 (EGW)
読み:ぱんげあ・たいりく
外語:supercontinent Pangaea 英語
品詞:その他地名
2005/07/06 作成
2011/06/03 更新

超大陸の一つ。プレートテクトニクス理論によると、今から約2億年前に存在したと考えられており、現在の六大陸の全てが含まれていた。

およそ3億年前にゴンドワナ大陸ローラシア大陸が衝突し、更にシベリア大陸なども次々と衝突したことで、地球上のほぼ全ての大陸が一ヶ所に集まることとなった。これがパンゲア大陸である。

この頃は中生代三畳紀で、海中ではアンモナイトや二枚貝など、陸上は両生類、恐竜などの爬虫類が繁栄していた。植物はイチョウ類やソテツ類などの裸子植物が繁栄していた。全陸地が地続きであったことから、この時代の生物の化石は世界中で発掘される。

やがてジュラ紀後期になるとパンゲア大陸は分裂を始め、ゴンドワナ大陸は南に、ローラシア大陸は北に、再び分裂した。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.02 (21-Aug-2018)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club