通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

中生代

辞書:科学用語の基礎知識 地質学編 (NGEO)
読み:ちゅうせいだい
外語:Mesozoic era 英語 , mezozoik/o エスペラント
品詞:名詞
2003/10/15 作成
2020/01/02 更新

地球地質時代の代の一つ。古生代新生代の中間の時代。

約2億5217万年前から約6600万年前までの間とされる。

古い時代から順に、次の紀に分けられる。

  • 三畳紀 (約2億5217万年前〜約2億130万年前)
  • ジュラ紀 (約2億130万年前〜約1億4500万年前)
  • 白亜紀 (約1億4500万年前〜約6600万年前)

生物進化

爬虫類

恐竜に代表される巨大爬虫類が誕生し、そして絶滅したことを特徴とする時代である。

中生代、特にジュラ紀から白亜紀に掛けての陸上には大型の草食や肉食の爬虫類、空には翼竜、海には魚竜や首長竜が繁栄していた。

また爬虫類(恐竜)から、現生鳥類と始祖鳥の共通祖先となる鳥群が出現したのもこの時代である。

貝類

古生代に登場したアンモナイトもこの時代になると繁栄を見せた。

しかし、白亜紀末に絶滅した。

植物

植物は当初は裸子植物が主流で、イチョウやソテツが多かった。しかし白亜紀には被子植物が主流となった。

生物絶滅

白亜紀末には、それまで大繁栄していた大型爬虫類やアンモナイトなどが突如、しかも根こそぎ絶滅した。顕生代に5回発生した大量絶滅のうちの最後の事件である。

この境目を、地質学では「K-Pg境界」といい、中生代と新生代の境目を表わす。Kは中生代の最後の白亜紀、Pgは新生代の最初の古第三紀である(かつては第三紀のTから「K-T境界」と呼ばれていた)。

生物絶滅の理由については様々な説が考えられているが、地層の研究などにより、大型の隕石によるものではないか、という説が現状有力である。

現在の研究によると、メキシコ合衆国のユカタン半島北西端、メキシコ湾に近い現在のチクシュルーブ付近に、約6604万年前、直径約10km〜15kmの巨大隕石が落下した。これが生物絶滅の原因になったと考えられている。

衝突速度は約20km/s(17.3km/cBeat)で、広島型原子爆弾の約10億倍の衝突エネルギーにより、衝突地付近ではマグニチュード11以上の大地震が発生、また高さ約300mもの巨大津波も発生したと推定されている。

この時に直径約160kmのクレーター「チクシュルーブ・クレーター」が作られたが、現在では地底深くに埋没している。

関連するリンク
国際年代層序表@Wayback Machine
用語の所属
地質時代
関連する用語
古生代
新生代

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club