通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

中央自動車道 (高速道)

辞書:国土用語の基礎知識 高速道路名・中央道編 (EWHMC)
読み:ちゅうおう・じどうしゃどう
外語:Chūō Expressway 英語
品詞:固有名詞
2004/03/13 作成
2010/03/29 更新

高速自動車国道法における高速自動車国道(高速道路)の一つ。略して中央道。

この項目は、高速道としての中央道を解説している。国幹道としての中央道は中央自動車道 (国幹道)を、営業路線名としての中央道は中央自動車道を、それぞれ参照のこと。

現在は3線ある。

東京都を起点に、神奈川県相模原市、山梨県大月市を経由するまでは共通である。

ここから山梨県富士吉田市に向かう富士吉田線、山梨県甲府市、長野県諏訪市を経由して2分岐、愛知県小牧市、岐阜県大垣市、滋賀県大津市、京都府京都市大阪府吹田市を経由し兵庫県西宮市に至る西宮線と、長野県松本市を経由し長野市に至る長野線が供用されている。

三線とも起点は高井戸だが、便宜上、富士吉田線が高井戸IC〜大月JCT〜河口湖IC、西宮線が大月JCT〜西宮IC、長野線が岡谷JCT〜更埴JCT、と分けることが多い。

現在は、法的な路線とは無関係に道路の通称が指定され、供用中である。その理由は、法的な路線とすると分かりにくいからだと思われる。

次に、法定路線名と道路名の関係、次いで道路名と法定路線名の関係を示す。

法定路線名と営業路線名

営業路線名と法定路線名

  • 中央自動車道
    • 富士吉田線 (高井戸IC〜大月JCT)
    • 西宮線 (大月JCT〜小牧JCT)
  • 東名高速道路
    • 西宮線 (小牧JCT〜小牧IC)
  • 名神高速道路
    • 西宮線 (小牧IC〜西宮IC)
  • 長野自動車道
    • 長野線 (岡谷JCT〜更埴JCT)

当初計画について

ちなみに中央自動車道の当初の計画では、東京(瀬田)〜町田〜青野原〜河口湖〜赤石山脈トンネル〜飯田〜現ルート、のようになっていたらしい。

この名残で、東名高速道路のICが瀬田になり、大月〜富士吉田線が出来たという事情がある。

道路の所属
高速自動車国道
通称道路名
中央自動車道
名神高速道路
長野自動車道
関連する道路
東名高速道路

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club