通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

大津IC

辞書:国土用語の基礎知識 高速道路名・名神編 (EWHMM)
読み:おおつ・インターチェンジ
外語:Ōtsu IC 英語
品詞:その他地名
2007/09/28 作成
2009/04/26 更新

滋賀県大津市に建設された名神高速道路のインターチェンジ

現在供用中の中では、起点小牧から12番目のインターチェンジである。

位置情報

  • 概略位置: 滋賀県大津市松本本宮町
  • 小牧ICからの距離: 128.9km
  • 西宮ICからの距離: 61.7km

所属路線名

接続路線名

  • 滋賀県道56号大津インター線

出口案内標識

(未確認)

沿革

  • 電算処理用の料金所番号: 01-211

構造

SAと一体化した、特殊な形状のインターチェンジである。

IC/SA

大津SAが併設されている。元々大津ICは京都市内、今の京都東ICとして作られる予定だったが、大津市内に無いのに大津ICはおかしいと抗議された結果、このSAにICが併設されることになった。

上下線ともに、大津SAからICに出ることができるが、ICからSAに入ることはできない。

周辺地理

  • 琵琶湖

(西)桂川PA ‐ 京都南IC ‐ 京都東IC大津IC大津SA瀬田西IC瀬田東IC/JCT(東)

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club