通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

指定都市高速道路

辞書:国土用語の基礎知識 道路編 (EROAD)
読み:していとしこうそくどうろ
品詞:名詞
2005/10/04 作成
2009/05/06 更新

地域高規格道路のうち、道路整備特別措置法によるもの。

道路整備特別措置法により、次が、高速道路(広義の、つまり自動車専用道路のこと)を建設し、料金を徴収することが出来る。

「地方道路公社」の場合は条件があり、道路整備特別措置法 第十二条により、次の条件が追加されている。

  1. 政令で指定する人口50万以上の市の区域及びその周辺の地域
  2. 自動車専用道路として都市計画において定められたもの

地方道路公社

道路整備特別措置法施行令 第二条(指定都市高速道路に係る人口五十万以上の市)では、次の市が定められている。

  • 名古屋市
  • 北九州市
  • 札幌市
  • 福岡市
  • 広島市

以上の都市で、地方道路公社を作り、有料道路を維持することができる。

道路

実際の道路に、次のものがある。

  • 会社
  • 地方道路公社
    • 名古屋高速道路(名古屋都市高速道路)
    • 福岡北九州高速道路(福岡・北九州都市高速道路)
    • 広島高速道路(広島都市高速道路)
用語の所属
高規格幹線道路
地域高規格道路
関連する用語
主要幹線道路

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club