通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

モーター

辞書:鉄道用語の基礎知識 鉄道技術編 (RTECH)
読み:モーター
外語:motor 英語
品詞:名詞
2000/01/08 作成
2014/09/18 更新

電車を動かすために用いられている動力源であり、電気エネルギー機械エネルギーに変える装置である。

電車は、電気を運動エネルギーに変えて動く乗り物である。従って、電車や電気機関車を動かすためにはモーターは必要不可欠なものである。

また、車内電源用などの発電機としても用いられることがある。

電車用直流モーター
電車用直流モーター

直流モーター

古くは直流直巻電動機が使われていた。

これは、直流直巻電動機の特徴である、モーターに流す電力を大きくすると、それに比例して回転数が上がるという点と、低速回転時に大きなパワーを出すという点が、列車を動かすために都合が良かったからである。このことから、鉄道初期以来、電化はすべて直流で行なわれてきた。

その後、工事費の安い交流電化が実用化されたが、交流区間用の車両でも当初は交流モーターは使わず、車両に整流器を積んだ上で直流モーターを回す方式を採っていた。

しかし、直流直巻電動機は、摩耗部品があること、起動時に電力の無駄が多いこと、保守が大変でフラッシュオーバーなどの故障の心配があることなどが欠点であった。

交流モーター

直流直巻電動機にあった問題を一挙に解決するべく、交流誘導電動機を鉄道車両に使う研究が古くから進められてきた。

交流誘導電動機の回転数やパワーを適切に制御するには、交流電圧と周波数を連続的に変換する必要があるが、この技術がなかなか確立されなかった。

しかし、1980年代に入り半導体技術が大きく進歩すると、VVVFインバーターによって交流電圧と周波数を連続的かつ適切に変換する技術が開発され、それ以後現在まで、この方式による車両が全盛期を迎えている。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club