通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

東海道・山陽新幹線

辞書:鉄道用語の基礎知識 鉄道地理編 (RGEO)
読み:とうかいどう・さんよう・しんかんせん
外語:Tōkaidō San-yō Shinkansen 英語
品詞:固有名詞
2010/01/29 作成
2013/01/06 更新

東海道新幹線山陽新幹線を合わせた呼称。時刻表にはこのように記載されている。

目次

東海道新幹線はJR東海、山陽新幹線はJR西日本であり、双方は大きな差がある。

しかし、東京駅発広島駅行き、東京駅発博多駅行き、といった乗り入れ列車も少なからずあり、一般の乗客はその差を意識する必要性が薄い。そこで、時刻表などでは東海道・山陽新幹線として、まとめて一つの路線として表記している。

一方で、駅内の表示や新幹線車内での案内などでは、この表現は殆ど使われていない。

実際には、次の二路線にまたがる列車の名前となる。

「東海道新幹線という名前の線路」の上を走るのが、運転系統「東海道新幹線」。

「山陽新幹線という名前の線路」の上を走るのが、運転系統「山陽新幹線」。

この両方の線路を走るのが、いわゆる「東海道・山陽新幹線」ということが出来る。

運転系統の東海道新幹線と山陽新幹線にはそれぞれ、「のぞみ」、「ひかり」、「こだま」という列車名が存在する。

九州新幹線開業後は、山陽新幹線の線路に九州新幹線が走るようになったため、「東海道・山陽・九州新幹線」とも呼ばれるようになった。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club