通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

笠上黒生駅

辞書:鉄道用語の基礎知識 鉄道地理・関東編 (RGEOT)
読み:かさがみ・くろはえ・えき
外語:Kasagami Kurohae station 英語
品詞:駅
2007/02/03 作成
2015/06/09 更新

銚子電気鉄道銚子電気鉄道線の一つ。起点から5番目の駅である。

基本情報

略史

  • 1925(大正14)年7月1日: 開業
  • 2007(平成19)年8月4日: 「貧乏をトリ」像 設置

構造

周辺は田畑と住宅。一応改札口があるが、それ以外からも入退場が可能なので、全く機能していない。

笠上黒生の駅名は、駅のある笠上町と隣の黒生町からと思われる。

相対式ホーム2面2線の駅であり、銚子電気鉄道線の路線中で唯一上下線が交換可能な駅である。この駅を境に閉塞区間が切り替わるため、ここで列車間でタブレット交換、時には運転士が交替する。

デハ101

貨物側線が設けられており、側線には老朽化したデハ101が物置として置かれていた。老朽化が激しく走行は不可能であった。

変電所

現在はこの駅に変電所があり、銚子電気鉄道線の全区間に対し送電を行なっている。

しあわせ三像

2007(平成19)年8月4日に除幕・入魂の儀が行なわれたうち「貧乏をトリ」像が設置されている。

  • ハーブガーデン「ポケット」 (〒288-0004 千葉県銚子市笠上町7005) (徒歩10分)
  • 銚子ポートタワー (〒288-0001 千葉県銚子市川口町2-6385-267) (徒歩25分)
  • 銚子漁港・第三卸売市場 (徒歩25分)

これを著している現時点では、銚子電鉄が販売している一日乗車券「弧廻手形」には、銚子ポートタワー展望室の一割割引券が付いている。

銚子電気鉄道 銚子電気鉄道線
(起点側) 本銚子駅笠上黒生駅西海鹿島駅 (終点側)
用語の所属
銚子電気鉄道
銚子電気鉄道線

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club