通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

カリフラワー

辞書:科学用語の基礎知識 生物名・植物編 (BBNP)
読み:カリフラワー
外語:cauliflower 英語 , Brassica oleracea var. botrytis 学名
品詞:名詞
2005/08/19 作成
2011/11/17 更新

アブラナ科アブラナ属の一年草または二年草。和名は花野菜(ハナヤサイ)、花甘藍(ハナカンラン)。

分類

▼はAPG分類法における階層で、従来の階級にないもの。

旧階層

古い分類法での階層構造は次の通り。

新エングラー分類法

クロンキスト分類法

  • 門: モクレン門 Magnoliophyta
  • 綱: モクレン綱 Magnoliopsida
  • 亜綱: ビワモドキ亜綱 Dilleniidae
  • 目: フウチョウソウ目 Capparales
  • 科: アブラナ科 Brassicaceae

生態

原産地はヨーロッパ地中海沿岸とされているが、定かではない。

春には塔が立ち、菜の花のような黄色い四弁の花を付ける。

カリフラワーはブロッコリーの変種であり、白色の花蕾を食用とする。

大きな葉が広がる中央に、白いカリフラワーができる。ブロッコリーに似てはいるが、カリフラワーは蕾が一つの塊のようになる点が大きな特徴である。

またロマネスコと呼ばれるものは、カリフラワーの品種の一つである。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club