通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

キャリーフラグ

辞書:科学用語の基礎知識 半導体用語編 (IYIC)
読み:キャリーフラグ
外語:CF: Carry flag 英語
品詞:名詞
2005/08/10 作成
2013/06/18 更新

マイクロプロセッサーフラグレジスターに持つフラグのうち、事前の演算結果がオーバーフロー(又はアンダーフロー)したことを表わすもの。

目次

計算結果が桁上がりし、結果を格納できない場合に立てられるフラグが「キャリーフラグ」である。

逆に、計算結果が桁下がりし、結果が小さくなり過ぎた場合には「ボローフラグ」が立てられるが、キャリーフラグと別になっていることもあれば、共通化されていることもある。

ADD/SUB等の演算命令や、CMP等の比較命令において演算結果がマイナスないしレジスターに格納可能なサイズを超えたとき、キャリーフラグ(又はボローフラグ)は立てられる。

また論理演算では、シフトローテートにおいて、余った1ビットをこのフラグへ格納する命令があることも多い。

CISCマイクロプロセッサーでは一般的な仕様だが、RISCではこのようなフラグがないこともある。

用語の所属
フラグレジスター
CF
CY
関連する用語
キャリー
ボロー

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club