通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

ケルビン

辞書:科学用語の基礎知識 物理学編 (NPHYS)
読み:ケルビン
外語:Kelvin: Baron Kelvin of Largs 英語
発音:kélvin 英語
品詞:名詞,単位助数詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

アイルランド生まれの物理学者で、本名をWilliam Thomsonという。生没年は1824(文政7)年〜1907(明治40)年。数学教授の父を持ち、二人の兄もケルビンと同様に物理学者である。1845(弘化2)年にケンブリッジ大学を卒業、翌1846(弘化3)年にグラスゴー大学の教授に就任し、英国の大学としては初の物理学実験室を作った。その後1866(慶応2)年に爵位を得て、1890(明治23)年に王立協会会長となる。

電気伝導や熱伝導の研究を専門とし、1851(嘉永4)年に熱力学の第二法則を発見する(トムソンの原理)などの業績から、物理学などで使われる温度単位としてその名を残すこととなった。

関連する用語

絶対温度
国際単位系

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club