通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

シナモン

辞書:科学用語の基礎知識 生物名・植物編 (BBNP)
読み:シナモン
外語:cinnamon 英語 , cinam/o エスペラント
品詞:名詞
2005/07/01 作成
2011/11/27 更新

クスノキ科シナモン属の熱帯性常緑高木。及び、その外皮を除いた樹皮を乾燥して作った香辛料。和名は肉桂(にっき・にっけい)、桂皮(けいひ)。

分類

▼はAPG分類法における階層で、従来の階級にないもの。

  • ドメイン: 真核生物 Eukaryota
  • 界: 植物界 Plantae
  • 門: 被子植物門 Angiosperm
  • ▼: モクレン群 magnoliids
  • 目: クスノキ目 Laurales
  • 科: クスノキ科 Lauraceae
  • 属: ニッケイ属 Cinnamomum
  • 種: シナモン zeylanicum

旧階層

古い分類法での階層構造は次の通り。

新エングラー分類法

クロンキスト分類法

  • 門: モクレン門 Magnoliophyta
  • 綱: モクレン綱 Magnoliopsida
  • 亜綱: モクレン亜綱 Magnoliidae
  • 目: クスノキ目 Laurales
  • 科: クスノキ科 Lauraceae

生態

原産地は東南アジア

日本ではニッキとも称され、八ツ橋などに使われていることでよく知られる。

シトラス・シナモン・バニラをブレンドした香料をファンタジアといい、製法が謎に包まれたコカ・コーラの原料の一つなのだと言われている。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club