通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

バニラ

辞書:科学用語の基礎知識 生物名・植物編 (BBNP)
読み:バニラ
外語:vanilla 英語 , vanil/o エスペラント
品詞:名詞
2005/07/01 作成
2011/12/22 更新

ラン科バニラ属の常緑蔓性多年草。及びその実から採られた香辛料

分類

▼はAPG分類法における階層で、従来の階級にないもの。

旧階層

古い分類法での階層構造は次の通り。

新エングラー分類法

クロンキスト分類法

  • 門: モクレン門 Magnoliophyta
  • 綱: ユリ綱 Liliopsida
  • 亜綱: ユリ亜綱 Liliidae
  • 目: ラン目 Orchidales
  • 科: ラン科 Orchidaceae

生態

原産地はメキシコ南部から西インド諸島。

赤道直下などの温暖な地域で栽培されている。日本では、ハウスなどでの保温がなければ越冬できない。

用途

近年では、マダガスカル、インドネシア、支那などで栽培されている。

バニラの果実を醱酵させて得られる香料が、バニラ・エッセンス、略称バニラである。これはアイスクリーム、シュークリーム、ケーキなど様々に利用されている。

特にアイスクリームへの利用が大多数とみられ、これはバニラアイスクリームという。単にアイスクリームと言った場合、このバニラアイスクリームを指すくらいには代表的な用例である。

成分等

バニラは数多くの物質からなる混合物であるが、特有の芳香の主成分はバニリンである。

シトラス・シナモン・バニラをブレンドした香料をファンタジアといい、製法が謎に包まれたコカ・コーラの原料の一つなのだと言われている。

用語の所属
植物界
被子植物門
関連する用語
シナモン

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club