通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

チクロ

辞書:科学用語の基礎知識 化学物質名・食品添加物編 (NSUBNFA)
読み:チクロ
外語:cyclamate 英語
品詞:名詞
2005/02/09 更新

人工甘味料の一つ。サイクラミン酸ナトリウム(シクラミン酸ナトリウム)またはサイクラミン酸カルシウム(シクラミン酸カルシウム)。1937(昭和12)年にアメリカの科学者Michael Svedaによって発見された。

ナトリウム塩は、分子式C6H12O3NSNa、分子量201.22。CAS番号139-05-9。

サイクラミン酸ナトリウム
サイクラミン酸ナトリウム

カルシウム塩は、分子式C12H24CaN2O6S2、分子量396.53。CAS番号139-06-0。

サイクラミン酸カルシウム
サイクラミン酸カルシウム

いずれも常温では白色結晶融点は300℃を超える。

砂糖の約30倍の甘味があり、かつてはサッカリンと共に一大栄華を誇ったものの、発がん性の疑いがある事が分かり1970(昭和45)年に使用禁止になった。しかし後の研究により発がん性の疑いが無いことが明らかとなっている。

この甘味料が砂糖の代わりに頻用されたのは、安価であったためである。

物質の特徴
人工甘味料
関連する物質
サッカリン
ズルチン
アスパルテーム

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club