通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

甘味料

辞書:科学用語の基礎知識 化学物質名・食品添加物編 (NSUBNFA)
読み:かんみりょう
外語:sweetening 英語
品詞:名詞
2001/03/22 作成
2009/06/09 更新

甘みのあるもの。天然のものと人工合成のものとがある。

目次

人間がどのように甘さを感じるかは、現在も研究中で未解明な部分が多く残されている。

このため、ある物質がどのような味なのかを正確に予測する事は、現在の科学ではまだ出来ない。新甘味料の発見は偶然という要素が欠かせない。

合成甘味料として初のサッカリン、続くチクロ、第三のアスパルテーム、そして第四のアセスルファムカリウムと続いた。

現在までの四大合成甘味料の発見は、全て偶然の産物であった。

関連する用語
天然甘味料
人工甘味料
合成甘味料
甘味

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01e (14-Jun-2018)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club