通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

チャタリング

辞書:科学用語の基礎知識 工学系技術編 (NENGI)
読み:チャタリング
外語:chattering 英語 , 颤动 大陸簡体 , 顫動 台灣正體
品詞:名詞
2000/09/11 作成
2013/11/18 更新

外部からの振動などにより、断続を繰り返すこと。回路の誤動作の原因となるため、防止措置が必要となる。

スイッチリレーなどメカニカルな接点、あるいはカードなどの活線挿抜で信号のON/OFFをしようとした場合、大抵はチャタリングという現象が発生する。

接点がOFF→ONになったとき、信号も一気にONになるのではなく、しばらくの間ONとOFFが断続し、やがてONとなる。こういったノイズをバウンスという。

解決には様々な方法が取られる。信号を読み取るソフトウェア側で対応する方法と、回路側で対策する方法があるが、回路側で対応する最もシンプルな方法は、CRフィルターシュミット・トリガーを用いる方法である。

ここではまず、CRフィルターでローパスフィルターを構成する。入力された信号に応じて、徐々に立ち上がり立ち下がりした信号が出力される。これにより波形を鈍らせる。

この波形をシュミット・トリガーで受けることで、綺麗な波形を出力することができる。

関連する用語
バウンス
接点
パタパタ

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club