通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

ネオン燃焼過程

辞書:科学用語の基礎知識 素粒子・用語編 (NPARTY)
読み:ネオンねんしょうかてい
外語:Neon-burning process 英語
品詞:名詞
2011/03/24 作成

恒星にて行なわれている核融合反応の一つ。

目次

ネオン同士が融合する核融合反応。反応が起こる温度エネルギー密度から、少なくとも太陽の8倍程度の質量が必要。

炭素燃焼過程まで終了し、恒星核の温度が低下するとさらに恒星核は収縮、これに伴い温度と密度が高まり、ネオン燃焼過程が始まる。

この反応が進む程度に高温になると高エネルギーγ線(光子)による原子核の光崩壊も多くなる。ネオン原子核はこの時、α崩壊する。

  • 20Ne + γ → 16O + 4He (光崩壊)
  • 20Ne + 4He → 24Mg + γ

時には次のような反応も起こりうるようだ(nは中性子)。

ネオンが消費し尽されると、恒星核は温度が下がり、再び収縮を始める。そして再度高温高圧になると、次に酸素燃焼過程が始まる。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club