通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

ハレー彗星

辞書:科学用語の基礎知識 天文学天体名太陽系編 (USTLNSS)
読み:ハレーすいせい
外語:1P/Halley 英語
品詞:固有名詞
2003/06/08 作成
2011/05/24 更新

太陽系の天体の一つで、1705(宝永2)年にエドモンド・ハレーが軌道を予測した彗星(周期彗星)。

基本情報

軌道要素

資料: NASA、その他

  • 移動速度等
  • 公転軌道
    • 半径:
      • 近日点距離(q): 0.58597811au
      • 軌道長半径(a): 17.8au
      • 遠日点距離(Q): 35.1au
    • 離心率(e): 0.96714291
    • 軌道傾斜角(i): 162.26269°
  • 位置
  • 近日点通過
    • 前回近日点通過: 1986(昭和61)年2月5.89532日(UTC)
    • 次回近日点通過: 2061(令和43)年7月28日

衛星

なし。

成分

ハレー彗星の核は他の彗星と同様に氷を主成分とする「汚れた雪だるま」である。

太陽に接近する度、溶けて尾となるため核は縮んでいると見込まれるが、寿命はあと100万年と見積もられている。人類史上では30回ほどハレー彗星を見ているが、さらに1万回以上見られる計算である。

軌道

ハレー彗星は偏心軌道を約75年で公転する。

軌道は逆行しており、軌道傾斜角は約162°(黄道に対して約18°)である。

発見

ニュートンの法則を用い、1531(享禄4)年、1607(慶長12)年に現われた彗星が1682(天和2)年に再び現われると予言したことに由来する。

これを予言したハレーは、残念ながら彗星の再来を待たず世を去ってしまったが、彗星は予言通りに出現した。そこでこのハレーの偉業を称え、彗星には彼の名が与えられたのである。

この彗星と人類の関わりは深く、古代バビロニアの頃から人類はハレー彗星をみていたとされる。

観測

ハレー彗星1986(昭和61)年再来の時には、彗星の詳細な探査のために続々と探査機が打ち上げられた。人はこれを「ハレー艦隊」と呼び、宇宙科学史に於いて最大規模の国際プロジェクトとなった。

まず1984(昭和59)年12月に旧ソ連の2機の「ヴェガ」、次いで1985(昭和60)年1月に日本の宇宙科学研究所(ISAS)の「さきがけ」、同年7月にESA(欧州宇宙機関)の「ジオット」、同年8月にISASが「すいせい」を打ち上げ、ハレー彗星を観測した。

これにより、核の成分、核が自転している事実などを確認し、宇宙科学史に大きな功績を残した。

このプロジェクトの日本の動きについてはNHKのプロジェクトX 第112回で紹介されているが、残念ながらかなり不正確な内容で、あまり参考にはならない。

前々回1910(明治43)年

良くも悪くも、ハレー彗星の名を知らしめたのが、1910(明治43)年のハレー彗星だった。

この時のハレー彗星は地球に大接近し、地球はその尾の中を通過とするとして大騒ぎになった。なぜなら、ハレー彗星の尾には、成分としてシアンなど毒性のある物質が確認されており、このため、人類は滅亡する!(な、なんだってー!!)として騒がれた。実際には、彗星の希薄な尾など、地球の厚い大気層には影響を及ぼさず、何の影響も無かった。

のみならず、ハレー彗星の接近によって地球の空気が吸い取られ、5分ほど無酸素状態になってしまうなる流言飛語が広まり、タイヤやゴムチューブ、浮き輪などが飛ぶように売れたという逸話もある。

前回1986(昭和61)年2月

これを著している時点では、最も最近の接近は、1985(昭和60)年から1986(昭和61)年にかけての冬だった。

しかし、残念ながら南半球でしか観測できず、つまり日本からは殆ど観測できなかったのである。この期間、多くのアマチュア天文家は南半球へと移動した。

次回2061(令和43)年

次回は2061(令和43)年の夏である。

前回のハレー彗星が観られなかったと残念がるくらいの年齢では、次を観るのは相当難しいと思われる。

用語の所属
彗星
1P
関連する用語
さきがけ
すいせい
ジオット

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club