通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

パンガミン酸

辞書:科学用語の基礎知識 化学物質名・ビタミン編 (NSUBNV)
読み:パンガミンさん
外語:pangamic acid 英語
品詞:名詞
2001/03/23 作成
2012/10/13 更新

ビタミン様作用物質の一つ。かつてはビタミンB15とも呼ばれていた。

  • 組成式: C14H27NO8
  • 分子量: 337.37
  • 比重: ‐
  • 融点: (該当資料なし)
  • 沸点: (該当資料なし)
  • CAS番号: 11006-56-7、13149-68-3、13149-69-4、77700-02-8(ナトリウム塩)
  • ICSC番号: (登録なし)

パンガミン酸
パンガミン酸

栄養面

現在は研究途中の物質である。

現時点では、定期的な摂取が必要ということが証明されていないため、厳密にはビタミンではなくビタミン様作用物質である。

機能・欠乏症

抗酸化の働きがあり、ビタミンEに似た効能がある。

細胞寿命の延長、アルコール依存症の改善、疲労回復、血中コレステロールを下げる、狭心症の症状改善、ぜんそくの症状改善、肝硬変の予防、などの働きがあると考えられている。

欠乏症(身体への必須性)は確認されていない。

含有する食品

ビール酵母、玄米、ごまなどに含有する。

危険性

  • 引火点: (該当資料なし)
  • 発火点: (該当資料なし)
  • 爆発限界: (該当資料なし)

有害性

  • 刺激
    • 腐食性: (該当資料なし)
    • 刺激性: (該当資料なし)
    • 感作性: (該当資料なし)
  • 毒性
    • 急性毒性: (該当資料なし)
    • 慢性毒性: (該当資料なし)
    • がん原性: (該当資料なし)
    • 変異原性: (該当資料なし)
    • 生殖毒性: (該当資料なし)
    • 催畸形性: (該当資料なし)
    • 神経毒性: (該当資料なし)

環境影響

  • 分解性: (該当資料なし)
  • 蓄積性: (該当資料なし)
  • 魚毒性: (該当資料なし)
用語の所属
ビタミン様作用物質

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club