通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

ヒペリシン

辞書:科学用語の基礎知識 薬学・精神薬編 (BPHARM)
読み:ヒペリシン
外語:hypericin 英語
品詞:名詞
2005/10/15 作成

科学用語の基礎知識・医薬品情報

自身の健康問題や、副作用への対応方法等に関しては、専門の医療機関にご相談下さい。

本項目は、情報の提供のみを目的としています。免責事項もご覧ください。

オトギリソウ科の植物である弟切草や西洋弟切草(SJW)などから得られる赤色の色素。別名ハイパーシン。

鬱病に効果があると考えられているが医薬品の扱いとはなっておらず、健康サプリメントのたぐいとして販売されている。

分子式C30H16O8分子量504.45。CAS番号548-04-9。常温常圧乾燥下では黒色の粉末。

ヒペリシン
ヒペリシン

ヒペリシンは光線過敏症を起こす副作用があるため、服用後は紫外線に晒されてはならない。本物質を含む植物を食した家畜が日光に当たり皮膚炎や浮腫などを発症することが知られている。

また、本物質は肝臓で薬物代謝酵素チトクロムP450を誘導すると考えられており、その結果、同時に服用した他の薬物が分解されて効果が弱まってしまう。抗HIV薬や強心剤、免疫抑制剤等の効果を弱めたりする問題が既に知られており、そのような薬を利用している人はSJWを食べてはならない。

物質の特徴
抗鬱薬
適用
鬱病
関連する用語
西洋弟切草
ヒペルフォリン
チトクロムP450

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club