通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

プロドラッグ

辞書:科学用語の基礎知識 薬学・用語編 (BPHAR)
読み:プロ・ドラッグ
外語:Prodrug 英語
品詞:名詞
2004/04/23 作成
2021/10/17 更新

ドラッグ前躯体。体内で実際に薬効があるドラッグへと変化する物質のこと。

摂取された薬物が最終的な患部に届く量は、一般に少ない。これは、経口服用の場合は消化管から吸収され肝臓で分解されてしまう、湿布でも吸収量は限られる、注射であっても患部がの場合は血液脳関門を通過できない、など様々な理由による。

そこであらかじめ別の物質に化学構造を変えておき、患部に到達すると本来想定された構造に変化し、薬効を発揮するように設計された薬剤をプロドラッグという。

例えば、抗がん剤に高分子プロドラッグと呼ばれるものがある。これは薬物に可溶性高分子を付けたもので、この状態では何の活性も示さないが、目標部位であるがん細胞に到達すると高分子の結合が切れ、薬物が活性を取り戻してがん細胞を攻撃する仕組みになっている。

関連する用語
ドラッグ

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club