通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

血液脳関門

辞書:科学用語の基礎知識 生物学・器官名称編 (BBORGN)
読み:けつえき・のうかんもん
外語:BBB: Blood-Brain Barrier 英語
品詞:名詞
2001/09/26 作成
2007/07/05 更新

血液中の異物質が髄液中に入り込むのを防御する生体膜。

目次

毛細血管に見られる特徴的な構造で、血管の内皮細胞同士が隙間無く密着結合したもの。

水溶性の物質細胞膜を通過できず、神経細胞がある脳実質細胞側へ移行できないようにしている。一方で、脂溶性の物質は細胞膜を通過できるので、その脂溶性に応じて脳実質細胞側へ移行することができる。

この血液脳関門が存在することによって、外来物質の条件に左右されることなく、脳神経細胞が活動を行なう条件が常に一定に保たれ、高度な神経活動を行なうことができる。

このことを逆にいうと、脳内へ自由に物質(薬物)を移行させることができないということで、脳疾患に対する治療を難しくしている。また、脂溶性であっても有害であるものは脳内に移行できないような機構が存在している。

なお、脳の栄養である葡萄糖アミノ酸は水溶性であるため、本来ならば血液脳関門を通過することができない。しかし、脳にはこれらの物質を認識し、脳実質細胞側へ移行させる機構が存在するため、脳実質細胞へ栄養を供給することができる。

用語の所属

関連する用語
血液
葡萄糖
血液尿関門

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club