通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

葡萄糖

辞書:科学用語の基礎知識 化学物質・食品編 (NFOOD)
読み:ぶどうとう
外語:glucose 英語 , glukoz/o エスペラント
品詞:名詞
2005/09/29 更新

の一つ。グルコース単糖類六炭糖澱粉加水分解して作られる。葡萄果汁に多く含まれるところからこの名が付いた。「葡萄」が常用漢字から漏れてしまったため「ブドウ糖」とも書かれる。

分子式C6H12O6分子量180.2。融点146℃。比重(水=1)は1.56。CAS番号50-99-7。ICSC番号0865。常温では白色の粉末。味は甘い。

D-グルコース
D-グルコース

甘味蔗糖の60%〜70%程度だが、あまり良い甘味ではないとされている。麦芽糖、蔗糖、乳糖澱粉グリコーゲンセルロース配糖体などを構成する。また酵母や乳酸菌、酪酸菌などの作用で醱酵させると、それぞれアルコール乳酸酪酸を生産できる。

分子構造
分子構造

葡萄糖は人間の記憶力を増強・持続させるためのエネルギー源となる。葡萄糖の供給量が増えるとアセチルコリン(神経活性物質)が多く生成され、記憶の調節に重要な役割を果たすと言われている。また体内で酵素と反応しエネルギーになる際、ビタミンB1を必要とする。

結晶葡萄糖と液状葡萄糖とがあり、結晶葡萄糖は更に分子中に結晶水を含む含水結晶葡萄糖と含まない無水結晶葡萄糖とがある。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club