通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

ホメオスタシス

辞書:科学用語の基礎知識 生物学編 (BBBIO)
読み:ホメオスタシス
外語:Homeostasis 英語
品詞:名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

生物に備わっている機能 "恒常性の維持" のこと。

例えば人間の場合、成長した個体では毎日1兆個程度の細胞が死滅し再生しているが、人間としての形や性質などが変わったりはしない。個体の恒常性は維持されている。これがホメオスタシスである。

外因物質に対しても、生物は個体の恒常性を維持するように働く。生物は様々な食品等の物質を摂取するが、それがそのまま身体に取り込まれ、かつ組織の物質バランスを変更するようなことがあると大変である。全身のイオン濃度やpHなどが外因物質により自在に変わるようなことが現実にあれば、生物はとても生命活動を維持できない。従って、生物は恒常性が維持されるようにできているのである。

アルカリイオン水などがあるが、現実にアルカリ性の水を飲んでも、酸性胃液で中和され、小腸で吸収される前にただの中性の水と変わらないものとなる。そうしないと体液(血液)のpHが変わってしまい、生命活動を維持できなくなってしまうからである。また、アルカリ性のまま小腸に行ってしまうと乳酸菌などの善玉腸内細菌が死んでしまうことになり、身体への悪影響もありうるのである。

関連する用語
生物
pH

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club