通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

ミラ型変光星

辞書:科学用語の基礎知識 天文学天体用語編 (USTLY)
読み:ミラがたへんこうせい
品詞:固有名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

変光星の種類の一つで、変光範囲は2.5等級以上と大きく、かつ周期が80日〜長いもので1000日にも達する長周期で、かつ規則正しい変光をする。

くじら座の脈動変光星ミラを代表とすることから、この名がある。

このタイプの変光星は死の迫った晩期型の巨星であり、M型のスペクトルを持つものが多い。

銀河系内に数千個が発見されているほか、マゼラン雲やアンドロメダ銀河など局部銀河群の銀河に合わせて数百個が発見されている。またケンタウルス座A(NGC 5128)にも1000個以上が確認されている。

関連する用語
変光星
ミラ
ケンタウルス座A

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.02 (21-Aug-2018)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club