通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

ライマン系列

辞書:科学用語の基礎知識 素粒子・用語編 (NPARTY)
読み:ライマンけいれつ
品詞:名詞
2014/05/25 作成

輝線スペクトルの系列の一つ。n′=1。

電子の準位が励起状態(n≧2)から基底状態(n=1)に遷移するときに放出される輝線。

1906(明治39)年にアメリカの物理学者ライマン(Theodore Lyman)により発見されたため、この名がある。

波長

水素のライマン系列が古くから研究されている。これは、紫外線領域である。

波長の長い順にLy-α、Ly-β、Ly-γ…、…Ly-∞と呼ぶ。

  • n=2→1 (Ly-α) 121.6nm
  • n=3→1 (Ly-β) 102.6nm
  • n=4→1 (Ly-γ) 97.3nm
  • n=5→1 (Ly-δ) 95.0nm
  • n=6→1 (Ly-ε) 93.8nm
  • n=7→1 (Ly-ζ) 93.1nm
  • n=8→1 (Ly-η) 92.6nm
  • n=9→1 (Ly-θ) 92.3nm
  • n=10→1 (Ly-ι) 92.1nm
  • n=11→1 (Ly-κ) 91.9nm
  • n=∞→1 (Limit) 92.2nm

ライマンα線

天文学では、このうちLy-α(ライマンα線)を距離の計測に用いている。

水素の原子は宇宙の至る所にあるため、この水素のLy-αの赤方偏移の量を調べることで、天体までの距離を測ることができる。

Ly-αの121.6nmは紫外線だが、遠方の天体では赤方偏移で可視光線、超遠方であれば赤外線にまでずれて(波長が伸びて)観測される。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club