通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

レチノール

辞書:科学用語の基礎知識 化学物質名・ビタミン編 (NSUBNV)
読み:レチノール
外語:retinol 英語
品詞:名詞
2005/08/04 更新

ビタミンAの一つ。油溶性。光、熱、酸に弱い。ビタミンA油、ビタミンAアルコール、ビタミンA1などの俗称もある。

分子式C20H30O、分子量286.45。融点61℃〜63℃。CAS番号68-26-8。

レチノール
レチノール

一般にビタミンAと言った場合、このレチノールのことを指すことが多い。

摂取された、又はカロテンから作られたレチノールは肝臓に貯蔵され、血液を介して体細胞に運ばれる。血中及び体細胞内ではレチノール結合蛋白と結合して存在し、ヒトの血中濃度は約0.5µg/mlである。

レチノールは細胞内でレチナール、そしてレチノイン酸代謝される。

医療用としては、かつては肝油が用いられ、後に肝油を濃縮精製したビタミンA油が用いられた。現在はほぼ全てが合成レチノールであり、パルミチン酸のエステルであるパルミチン酸レチノールや、酢酸誘導体である酢酸レチノールとして用いられる。

物質の特徴
ビタミンA
関連する物質
レチナール
レチノイン酸
β-カロテン

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.02 (21-Aug-2018)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club