通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

塩化ビニール

辞書:科学用語の基礎知識 化学物質編 (NSUB)
読み:えんかビニール
外語:vinyl chloride 英語 , vinil/klor/id/o エスペラント
品詞:名詞
2006/09/08 更新

プラスチックの一つポリ塩化ビニール(PCV)の原料となる物質

分子式C2H3Cl、構造式CH2=CHCl、分子量62.5。融点−154℃、沸点−13℃。CAS番号75-01-4、ICSC番号0082。化学名クロロエテン、慣用名クロロエチレン。

常温常圧では、特徴的な臭気のある無色気体。

毒性

有毒で、大量に吸引すると麻酔作用、また肝臓がんの原因となる。

安全性

危険性

  • 引火点: −78℃(密閉)
  • 発火点: 472℃
  • 爆発限界: 3.6〜33vol%(空気中)

有害性

  • 刺激
    • 腐食性: (該当資料なし)
    • 刺激性: 眼を刺激する。凍傷を起こすことがある。
    • 感作性: (該当資料なし)
  • 毒性
  • 規制値
    • 一日許容摂取量(ADI): (該当資料なし)
    • 暫定耐用一日摂取量(PTDI): (該当資料なし)
    • 急性参照値(ARfD): (該当資料なし)
    • 暴露許容濃度(TLV): 1ppm(TWA)

環境影響

環境に有害な場合があるため、地下水汚染に注意。

  • 分解性: (該当資料なし)
  • 蓄積性: (該当資料なし)
  • 魚毒性: (該当資料なし)

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club