通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

直流送電

辞書:科学用語の基礎知識 電力編 (NPOW)
読み:ちょくりゅうそうでん
品詞:名詞
2011/03/30 作成
2012/02/13 更新

電力直流送電すること。

1880年代に勃発した直流派のエジソン陣営と交流派のテスラ陣営との「電流戦争」でテスラ陣営が勝利したことにより、直流送電は廃れていた。当時は技術的な問題で直流送電が実用化できず、このため、当時の技術でも容易だった交流送電が普及した。

しかし交流送電には様々な弱点があるほか、技術革新により直流送電の弱点も克服されて来たため、世界中で徐々に採用される兆しである。

利点

直流送電は、交流送電より低コストで、交流送電より低損失で、交流送電より大電力を、交流送電より長距離に送電できる。

次のような特徴がある。

  • 実用的な交流送電は三相交流で3本の電線が必要だが、直流送電では2条の導体でできる(大地を帰路とした場合は1条)
  • 交流の最高電圧は実効値の√2倍になり絶縁もその分が必要だが、直流はそのようなことが無い
  • 表皮効果がない
  • リアクタンスの影響がない
  • 静電容量の影響がない

欠点

  • 電流の開閉(遮断)が困難 (交流には0Vになる瞬間が存在するため開閉でアークが少ないが、直流には0Vになる瞬間が無い)
  • 交直変換に関する設備が必要になる

現状と今後

直流送電では長距離送電が可能なため、離島への海底送電、あるいは大陸間などでの送電が可能である。西ヨーロッパで広く普及している他、支那において1000km以上の直流送電が採用されている。

この長距離送電の性能に注目が集まっている。

例えば、北アフリカから中東など、赤道に近く日照量の多い地域に大規模な太陽光・太陽熱発電所を建設、この電力をヨーロッパに直流送電する計画もある。将来的には、石炭石油天然ガス等の燃料を輸入して国内で発電するだけでなく、電力そのものを輸入する時代が来ると見込まれている。

結論

送電だけなら直流の方が望ましいが、使い勝手は交流の方が望ましい。

従って、日本では海底ケーブルや長距離送電では直流が使われるが、世界中どこででも、最終的には交流に変換されて使用されている。

用語の所属
送電
関連する用語
直流
送電線
直流給電
交流送電

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club