通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

脳出血

辞書:科学用語の基礎知識 医学・情報編 (BMEDI)
読み:のうしゅっけつ
外語:Cerebral hemorrhage 英語
品詞:名詞
2006/09/13 更新

科学用語の基礎知識・医学情報

自身の健康問題に関しては、専門の医療機関にご相談下さい。

本項目は、情報の提供のみを目的としています。免責事項もご覧ください。

脳卒中の一つ頭蓋内出血の一病態で、の細い動脈が破れる症状。これにより脳組織の破壊・圧迫が起こる。かつては脳溢血(のういっけつ)とも呼ばれた。

大きく、脳内出血と蜘蛛膜下出血とに分けられる。

脳内出血は、脳内にできた微小な動脈瘤(脳動脈瘤)が破裂(脳動脈瘤破裂)することにより起こる症状で、原因として最も多いのは高血圧による。

脳実質内に血腫ができ、脳組織が破壊される。

出血は突然起こり、半身不随、半身の麻痺、目眩いなどの症状を来すが、これら症状は出血の部位により異なる。

蜘蛛膜下出血は、脳の表面の膜である脳軟膜蜘蛛膜の間の細い血管に脳動脈瘤や脳動脈硬化が起こり、もって血管や瘤が破裂することにより起こる症状である。

疾病の所属
頭蓋内出血
関連する疾病
脳血管障害
蜘蛛膜下出血

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club