通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

質量分析計

辞書:科学用語の基礎知識 素粒子・用語編 (NPARTY)
読み:しつりょうぶんせきけい
品詞:名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

分子原子の質量を知るための装置。

大きく分けて分子や原子をイオン化する部分(イオン源)と、そのイオンを質量の違いによって分離する部分(分析計)、分離されたイオンを検出する部分(検出器)の3つの部分からなっている。

特にイオン化法と分析計についてはいくつかの方法が開発されており、測定するサンプルや行ないたい分析内容によって最適なものを選択する必要がある。

イオン化法としてはAPCICIEIESIFABMALDIなどが知られている。

一方分析器としては四重極型イオントラップ型TOF型FT-ICR型磁場型などがある。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club