通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

H-ⅡAロケット20号機

辞書:科学用語の基礎知識 天文学ロケット編 (UROCKET)
読み:エイチトゥーエイ・ロケット・にじゅうごうき
外語:H-IIA F20: H-IIA Launch Vehicle No.20 英語
品詞:固有名詞
2011/12/12 作成
2011/12/13 更新

宇宙航空研究開発機構(JAXA)(かつてのNASDA)により開発されたH-ⅡAロケットの20号機で、本番 第17号機。

H-ⅡAロケットの第20号機であり、日本の大型液体燃料ロケット第53号機である。

「H-ⅡA・F20」とも呼ばれる。

2011(平成23)年12月12日種子島宇宙センター大型ロケット発射場より打ち上げられ、成功した。

ロケットの仕様

ペイロード(積載物)

気象

ロケット打ち上げ時の天候は晴れ、北の風3.7m/s(3m/cBeat)、気温14.3℃であった。

計画

当初予定では、打ち上げは次の計画だった。

しかし、打ち上げ前日になり、天候不順(射場近辺に規定以上の氷結層を含む雲の発生)が予想されたため、打ち上げは予定日の翌日に延期された。

沿革

打ち上げられる衛星が軍事衛星(情報収集衛星)ということで、従前通り打ち上げの実況中継などは行なわれなかった。

またこの打ち上げ成功に伴い、H-ⅡAロケットは打ち上げの成功率95%(20機中19機成功)となり、打ち上げのビジネス化に向けた一つの節目をクリアすることになった。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club