通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

LE-5B-2

辞書:科学用語の基礎知識 天文学ロケット編 (UROCKET)
読み:エルイーファイヴ・ビー・トゥー
外語:LE-5B-2 英語
品詞:固有名詞
2009/05/28 作成
2010/12/14 更新

H-ⅡAロケットおよびH-ⅡBロケットの第二段エンジン。改良型LE-5Bエンジン。

液体燃料ロケットエンジンである。2001(平成13)年8月29日H-ⅡAロケット14号機(H-ⅡA・F14)として初発射され、無事に成功した。

開発は三菱重工業。

  • 推進剤: 液体酸素液体水素(LOX/LH2)
  • 推力: 137kN(17号機)
  • 燃焼時間: 530秒(17号機)
  • 比推力: 448秒(518cBeat)

H-ⅡAロケット用の液体燃料ロケットエンジン「LE-5B」の改良型である。

2007(平成19)年11月28日JAXAの発表によると、次の理由により開発に着手された。

  1. H-ⅡAロケット3号機の打ち上げ(2002(平成14)年9月)で、第2段エンジン燃焼中の衛星搭載部に、以前と比較して大きな振動(推進系固有の振動)が確認された。但し、振動レベルは衛星インタフェース規定値以下で、衛星への影響は無かった。
  2. 2003(平成15)年3月、振動の主要因の一つ、第2段エンジンの燃焼圧力変動の低減等を目的に、改良型LE-5B(LE-5B-2)エンジンの開発に着手

噴射器やミキサーの設計変更が施され、2004(平成16)年10月に実機タンク燃焼試験実施、設計の妥当性が確認された。

2007(平成19)年7月に認定試験を実施し妥当性確認、もってH-ⅡAロケット14号機からLE-5B-2エンジンが正式採用された。また、H-ⅡBロケットでも採用されている。

関連するリンク
エンジン燃焼試験
用語の所属
H-ⅡAロケット
液体燃料ロケット
液水液酸エンジン
LE-5B
5B
関連する用語
LE-5A
LE-5
LE-5B-3

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club