通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

LGA1356

辞書:科学用語の基礎知識 中央演算処理装置用語x86編 (IYCP86)
読み:エルジーエイ・いちさんごーろく
外語:LGA1356 英語
品詞:固有名詞
2013/06/12 作成

IntelCPUソケットの一つで、1356ピンLGAパッケージのソケットの通称。

Bloomfield用LGA1366の後継として登場した、エントリーサーバー向けのソケット。

「Socket B2」と呼ばれており、コードネームでSandy Bridge-EのうちのSandy Bridge-ENコア製品(Core i7シリーズ)用として作られた。

Core i7やXeon E5のうち、Sandy Bridge-ENまたはIvy Bridge-ENモデルで使用されている。

技術

ノースブリッジ(IOH)との通信用にQPIサウスブリッジ(ICH)との通信用にDMI 2.0を持っている。

LGA1356対応CPUは、CPU内に3チャンネルのDDR3メモリーインターフェイスが内蔵されている。

Sandy Bridge-EP用のLGA2011との差異としては、LGA1356はQPIが1レーンのみでDDR3は3チャンネルであるのに対して、LGA2011はQPIが2レーンありDDR3は4チャンネルという点である。

対応CPU

  • Sandy Bridge-EN
    • Intel Xeon E5 ‐ 2400番台/1400番台

対応チップセット

(未確認)

用語の所属
LGA
関連する用語
LGA2011

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club