通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

Pentium

辞書:科学用語の基礎知識 中央演算処理装置商品名x86編 (INCPU86)
読み:ペンティアム
外語:Pentium 英語 , 奔腾 大陸簡体 , 奔騰 台灣正體
品詞:商品名
2004/02/18 作成
2008/02/27 更新

Intelの開発したIA-32プロセッサーの一つ。1993(平成5)年発売。

俗称は80586だが、実はPentiumの型番は80501等であり、80586という製品は存在しない。

命令実行ユニットを2つ装備し、これにより2つの命令を同時に実行することが可能となった。但し片方は単純な命令のみに限定されていたため、実際にPentiumに最適化されたアプリケーションであっても、目に見えるほどの効果は得られなかった。

100MIPSを実現した高性能チップだが、小数計算にバグが見つかり、最終的には回収・交換騒ぎに発展してしまった。これによってIntelの損害は4億7500万ドル(約500億円)にものぼった。そのほかにも多数のバグが確認されているバグの多いプロセッサーとして知られている。Pentiumのバグとして有名なものに、割り算のバグ、FPU命令でのバグ、LOCK命令でのバグなどがある。

項目特徴
マイクロアーキテクチャーP5マイクロアーキテクチャ
コアのクロック周波数60〜200MHz
FSBクロック 
最大バス帯域幅 
1次命令キャッシュ8Kiバイト
1次データキャッシュ8Kiバイト
2次キャッシュ無し
製造プロセスルール0.8µm(P5)
ダイサイズ 
集積トランジスタ数330万個(P5)

Intel Pentium-60MHz
Intel Pentium-60MHz

Intel Pentium-90MHz
Intel Pentium-90MHz

プロセッサーコア

  • P5 (60/66MHz)
  • P54VRT (75〜150MHz)
  • P54C (75/90/100/120MHz)
  • P54CT (Pentium ODP)
  • P54CQS (120MHz)
  • P54CS (133〜200MHz)

プラットフォーム

後継製品はMMX Pentiumである。

世代的な意味での後継は、Pentium ProPentium Ⅱである。

Pentiumは、x86の第五世代である。そこで、ギリシャ語のpenta(五番目)+um(名詞語尾)から、Pentiumという名前が付けられた。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club