通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

SPMI

辞書:科学用語の基礎知識 電子用語編 (NELECY)
読み:エスピーエムアイ
外語:SPMI: System Power Management Interface 英語
品詞:名詞
2013/06/12 作成
2014/06/24 更新

電源制御IC(PMIC)用に最適化されたシリアルバスインターフェイス

MIPIアライアンスにより策定され、各社のPMICで使われている。

CPUSoCとPMICを接続し、リアルタイム制御を可能とするバスである。

MSMの場合、PM8921などはMSMとの交信は独自のSSBIだったが、PM8941+PM8841以降はSPMIになった。

仕様

物理層は2線式であり、SCLKとSDATAからなる。

公開されている仕様では、SPMIバスはシンプルな実装から複雑多機能な実装までスケーラブルとされており、複雑多機能な場合は以下のような機能を搭載できるとしている。

  • 少ないピン数と少ないゲート数
  • レガシーインターフェイスと比較して高速
  • 低遅延
  • 複数のプロセッサーデバイスが同じ共有バスを利用可能
  • トラフィッククラスによる優先度管理
  • SPMI v2.0ではコマンドの確認応答に対応

アドレス

一つのSPMIバスに複数の周辺機器が接続でき、各々は識別子で区別される。

SPMIでは、4ビットのスレーブアドレスと8ビットのペリフェラル識別子からなる12ビットの識別子(PPID)で識別される。

PMICアービターハードウェアは内部的に8ビットのAPID(アービターペリフェラル識別子)を使用しており、APIDとPPIDはマッピングが必要である。

Androidでは、APIDとPPIDはデバイスツリーで登録の際に定義される。また、/sys/kernel/debug/spmi/spmi-0/mapping などでマッピング状態が確認できるようである。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club