通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

Trinity

辞書:科学用語の基礎知識 中央演算処理装置商品名x86編 (INCPU86)
読み:トリニティ
外語:Trinity 英語
品詞:商品名
2012/10/01 作成
2013/06/06 更新

AMD Fusion APUのうち、第2世代AシリーズAPUの開発コードネーム。メインストリーム向けなどの高性能シリーズ。

仕様

  • 製造プロセス: 32nm SOI
  • CPUコア: Piledriver
  • TDP: 25W〜100W
  • L1キャッシュ: (不明)
  • L2キャッシュ: 2Miバイト/モジュール(A10/A8)、1Miバイト/モジュール(A6/A4)
  • ソケット: Socket FM2

※ 1モジュール=2コア

沿革

  • 2012(平成24)年6月: A10-4655MとA6-4455Mの存在が明らかに
  • 2012(平成24)年10月2日: 最初の製品を発売

需要

省電力とパフォーマンスを両立させたプロセッサーで、Llanoの後継となる。

メインストリーム向けもモバイル向けも「Aシリーズ」である。

Webを眺めながら音楽を聴く、といった二つの動作を同時にする一般的な需要にも充分なパフォーマンスを持っている。

機能

FMA3に対応した。

BulldozerはIntelがキャンセルしたFMA4を搭載した。TrinityはFMA4に加えてFMA3にも対応する。

パッケージ

GLOBALFOUNDRIESの32nm SOIプロセスルールで製造されている。

ダイサイズは246mm²、トランジスタ数は13億300万とされている。

GPU

GPUが内蔵されるのはFusion APUとして共通の仕様だが、TrinityからはGPUコアがRadeon HD 6000系から同7000系に変更され、これによりGPUの仕様も変わった。

従来のAMDのGPUは、Radeon HD 2900(R600)以来長く、5ウェイのVLIW命令を採用していた。積和算ユニット5パイプと分岐命令を合わせて計6命令スロットを特徴とし、うち積和算ユニットの一つはスペシャルファンクションユニット(SFU)が搭載されていた。つまり最大で5個の単精度FP積和算が実行可能な仕様ではあったが、現実には5並列が得られる率は低く、全体の稼働率は低かった。

そこでTrinityからは仕様変更、4個の積和算ユニットだけのシンプルな構成とした。スペシャルファンクションユニット(SFU)は4個中3個の命令イシュースロットを使うようにしたほか、従来はSFUが実行していた三角関数は積和算ユニット側に機能が実装された。

これで最大で4個の単精度FP積和算が実行可能というのは見た目には性能低下のようだが、実際には、命令の並列性は20%下がるがスレッドの並列性は20%の向上が見込める。このため、全体の稼働率が高まって性能の向上となっている。また3個の積和演算ユニットを連携させて1個の超越関数を実行できる。

デスクトップ向け

製品は、以下の6種類がある(→の右側はTurbo CORE時の周波数)。

末尾Kは倍率ロックフリー版(いわゆるBlack Edition)。

  • A10
    • A10-5800K (4コア、3.8GHz→4.2GHz) + HD 7660D (800MHz) TDP100W
    • A10-5700 (4コア、3.4GHz→4.0GHz) + HD 7660D (800MHz) TDP65W
  • A8
    • A8-5600K (4コア、3.6GHz→3.9GHz) + HD 7560D (760MHz) TD100W
    • A8-5500 (4コア、3.2GHz→3.7GHz) + HD 7560D (760MHz) TD65W
  • A6
    • A6-5400K (2コア、3.6GHz→3.8GHz) + HD 7540D (760MHz) TD65W
  • A4
    • A6-5300 (2コア、3.4GHz→3.6GHz) + HD 7480D (723MHz) TD65W

モバイル向け

製品は、以下の5種類がある(→の右側はTurbo CORE時の周波数)。

xx00はDDR3-1600対応、xx55はDDR3-1333までの対応である。

  • A10
    • 4600M (4コア、2.3GHz→3.2GHz) + HD 7660G (497MHz→686MHz) TDP35W
    • 4655M (4コア、2.0GHz→2.8GHz) + HD 7620G (360MHz→497MHz) TDP25W
  • A6
    • 4500M (2コア、1.9GHz→2.8GHz) + HD 7640G (497MHz→655MHz) TD35W
    • 4400M (2コア、2.7GHz→3.2GHz) + HD 7520G (497MHz→686MHz) TD35W
    • 4455M (2コア、2.1GHz→2.6GHz) + HD 7500G (327MHz→424MHz) TD17W

関係

(先代)LlanoTrinityRichland(後継)

用語の所属
AMD Fusion APU
APU
関連する用語
Llano
Richland

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club