通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

メモリースティック

辞書:電算用語の基礎知識 計算機記憶装置編 (TCPERIS)
読み:メモリースティック
外語:memory stick 英語
品詞:商品名
1999/10/25 作成
2010/02/13 更新

ソニーが1997(平成9)年に開発し、1998(平成10)年9月に商品化したメモリーカード規格。及びその商品名。略称は「メモステ」「MS」など。

用途等


表


裏

デジタルカメラDVカメラなどで使われるほか、著作権保護技術に対応したタイプ(MagicGate対応型)であるMGメモリースティックが、各社のシリコンオーディオ機器で使われている。

シリコンオーディオ関連では1999(平成11)年9月にアイワ、ケンウッド、三洋電機シャープ、パイオニア、富士通の6社と、ハードウェアおよびソフトウェアのライセンスを締結し、普及率拡大を図っていた。

規格団体

ソニーの独自規格である。

後継仕様等

規格の種類

様々なサイズのものが規格化、市販されているが、大きくは「従来型」と「PRO系」の二種類に分けられ、更に次のように細分化されている。

規格の概要

MagicGate」は著作権保護技術。MGメモリースティックが最初の拡張規格で、これ以降は全ての規格で対応する。音楽機器など、MagicGate対応品しか利用できないものもある。追加でメモリーを購入する際には注意が必要である。

「Duo」は、小型の製品である。

PRO」は、高速化、大容量化した製品。FAT32を採用し、最大32Giバイトまで対応する。標準サイズ、Duoサイズ、マイクロサイズがある。

PRO-HG」は、後継で、物理層の改良で高速化した製品。10ピンから14ピンに増えた。標準サイズは存在せず、Duoサイズとマイクロサイズのみがある。

「XC」は、PROの後継で、大容量化した製品。exFATを採用し、最大2Tiバイトまで対応する。標準サイズは存在せず、Duoサイズとマイクロサイズのみがある。

「XC-HG」は、PRO-HGの後継で、XCと同様に容量の拡張をしたもの。

完敗

実質的にソニーの製品専用のメモリー規格である。

支持を拡大することが出来ずシェアは低下するばかりで、SDメモリーカードコンパクトフラッシュに完敗した。

かくして、ソニーも遂にSDメモリーカードに参入せざるをえなくなった。

これ以降は、メモリースティック(最初の規格)、つまり狭義でのメモリースティックについて説明する。

寸法

標準のサイズは21.5mm×50mm×2.8mmで、長方形である。

容量

将来的には1Giバイトの製品も予定されていたが、最終的に発売されたのは、4Mi/8Mi/16Mi/32Mi/64Mi/128Miバイトの製品である。

これより大容量の製品は、後継仕様に委ねられた。

機能

誤消去防止用のライトプロテクトスイッチが備えられている。

インターフェイス

カード裏面に10ピン端子が付けられている。

読み書きはシンプルなシリアルバスインターフェイスで行なわれ、将来大容量製品が登場してもドライバー等を変更する必要が無いとされており、発表時の対抗規格スマートメディアに対してのアドバンテージとなっていた。

最大転送速度20Mバイト/秒(17Mバイト/cBeat)で、実効速度は書き込みが1.5Mバイト/秒(1Mバイト/cBeat)、読み出しが2.45Mバイト/秒(2Mバイト/cBeat)である。

パソコンとのアクセス性

専用スロットの他、PCカードアダプターを使用してTypeⅡのPCMCIAスロットで読み書きすることができる。

USBに接続して使うメモリーカードリーダー/ライター装置も、多数販売されている。

また、TransferJet対応品であれば無線でデータ転送が可能である。対応パソコン、あるいはUSBに繋げられるTransferJet通信端末に近づけることで無線でデータ転送をすることが可能。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club