通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

標準入力

辞書:電算用語の基礎知識 計算機OS機能編 (TCOS)
読み:ひょうじゅんにゅうりょく
外語:STDIN: standard input 英語
品詞:名詞
2000/04/10 作成
2010/07/07 更新

UNIX系のオペレーティングシステム(OS)やMS-DOSなどにおける標準的な入力元。

一般的に、デフォルトではキーボードによるコマンドラインである。

リダイレクトを使えばファイルデバイスなどを、またパイプを使えば他のプログラムの標準出力を入力として使うことが出来る。

シェル

UNIX系のオペレーティングシステム(OS)であれば、例外なく/dev/stdinである。

MS-DOSでは、ディレクトリは無関係に、ファイル名をSTDINとすると標準入力デバイスとなる。このため、STDINという名のファイルやディレクトリは作成できない。

なお、Microsoft WindowsにはSTDINという特殊なファイルは存在しない。

C/C++

open/close関数で用いるファイルディスクリプターでは、標準入力はデフォルトで0である。UNIXであれば、unistd.hでSTDIN_FILENOがマクロ定義されている。

fopen/fclose関数で用いるファイルハンドルは、stdio.hでstdinがマクロ定義されている。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club