通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

電卓戦争

辞書:電算用語の基礎知識 計算機技術用語 (TCYOGO)
読み:でんたくせんそう
品詞:名詞
2005/07/31 作成
2008/04/02 更新

1960年代後半から1970年前半に行なわれた電卓の乱売競争のこと。世界の産業史上、最も激しい値下げと量産化が行なわれたと言われている。

目次

この戦争には50社以上のメーカーが入り乱れたが、最終的に生き残ったのは小型化に定評のあったカシオや、世界初の液晶電卓を開発したシャープを筆頭とする日本の数社だけであった。

なお、1964(昭和39)年の電卓の値段はシャープのトランジスタ電卓CS10-Aが53万円であった。しかし10年後には価格が1,000円を割ってしまったのである。

この電卓戦争に生き残るためにマイクロプロセッサーが開発された。

また液晶も電卓で使うために開発されたようなものであり、太陽電池も電卓で本格的に採用された。

用語の所属
電卓
関連する用語
シャープ
マイクロプロセッサー
太陽電池
液晶

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club